富士山麓の水で作った 幻の手作り納豆 国指定重要文化財 星野家謹製

納豆が出来るまで

  • HOME »
  • 納豆が出来るまで

富士納豆が出来るまで

丁寧に大豆を洗いますdekirumade01
蒸煮(むしに)が終わった大豆dekirumade01
納豆菌を吹き付けますdekirumade01
納豆菌を吹き付けた大豆を容器に入れますdekirumade01
大豆はまだ温かい状態で容器に入れますdekirumade01
包装した納豆を発酵室へ入れますdekirumade01
この工場内ですべての工程が行われますdekirumade01
長年の試行錯誤から選び抜いた納豆菌ですdekirumade01

富士納豆は真心込めて昔ながらの製法で、手造りでつくっております。
原料である大豆の精選から、出荷するまでには約3日間を要します。

その工程を説明しますと次のようになります。

(1)原料大豆の精選
    割れた豆や異物を取り除きます。

(2)洗浄工程
    大豆を水で洗浄します。

(3)浸漬工程(しんせき)
    大豆を水に浸けます。柔らかくする秘訣です。

(4)蒸煮工程(むしに)
    大豆を蒸して煮ます。

(5) 納豆菌散布工程
    煮上がった大豆に納豆菌を吹き付けます。

(6)容器への盛り込み工程
    納豆菌を吹き付けた大豆を容器に盛り込みます。

(7)外装紙ラベル装着工程
    外装紙ラベルを容器に巻き付けます。

(8)発酵工程
    醗酵室へ入れて発酵させます。この時の温度管理が重要です。
    
(9)冷却工程
    冷蔵庫で冷やします。冷やすことも重要なのです。

(10)製品出荷
    ようやくお客様のもとへお届けです。

美味しい納豆をつくるために特に重要なことは、季節や大豆の状態により、蒸煮、発酵、冷却などの条件を変えることです。
富士納豆は、大きめ粒の大豆をシッカリとした歯ごたえを残しつつ、ふっくら柔かく仕上げております。
その味わには微妙なさじ加減が必要ですが、富士納豆は70余年の納豆作りの実績で、そのための最適な条件を知り尽くしております。

ぜひご賞味ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 0554-22-0006 受付時間9:00~17:00[土・日・祝日除く]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 富士納豆製造所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.